徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

交響詩篇エウレカセブン 24話

24話 パラダイス・ロスト

「頭を起こせ、ホランドーーー!!」
敵のKLF部隊を倒した後、月光号の着艦時に考え事をしてたホランド
勝手に入ってくるでしょ、と思ってたタルホ姐さんもビックリ
怪我はさほど酷くないようです
ミーシャを呼ぶホランド
「勘違いしないで。私はカウンセラーとしてこの艦に乗っている訳じゃないの」
「……だな」

ごもっともです
でも、月光号内では完全なカウンセラー状態…頼れる大人にすがりつきたくなるものです

エウレカはレントンを探す
レントンがいた部屋には残されたray-out
壁には赤いジャージ
エウレカはレントンの赤いジャージを着て、店に現れる
ギジェットはハブラシを探していたようですが、これには唖然
「あ…えーと、いらっしゃいませ」
かなり可愛い
倉庫から持ってきた品物を並べるエウレカ
何でと尋ねるギジットに
「レントンが…いないから……」
そう答えるエウレカ
痛々しい……
レントンと同じようにテントまで張るエウレカを見つめるは、
マシュー、ヒルダさん、ギジェット、ドギー兄さん
「ねぇ、なんとかしてあげようよ、ドギー……」
「知らねぇ。ホランドに言えよ。この艦はあの人の艦だ。エウレカを連れてきたのも、レントンを艦に乗せたのも、リーダーの考えだ。勝手やって、また椅子でも飛んできたらおっかねぇ」
先週、椅子に当たったことがよほど痛かったのか、消極的なドギー兄さん
触らぬ神に祟りなし…ドギー兄さん、かなり正論ですね
結局のところ、月光号のリーダーはホランドですから
「冷めちゃったね…ラーメン」
エウレカ……

その頃レントンの前には豪華な食事が…レイの手料理は美味しそう!
「だから…俺とレイのことをだなぁ、パパ、ママ、と呼んでみないかぁ!?」
照れるビームス夫妻
微笑ましい…!癒される…
レントンはあまり乗り気ではない?
前回の事を気にしてる様子
仕事の邪魔……確かにしてましたよね
「本当なら…追い出されてもいいはずなのに……」
「馬鹿な子ねぇ!よく頑張ったじゃないの!あなたさえ良かったら、ずっとこの艦にいて頂戴…ね、レントン」

ママーーーーーー!!!
優しすぎます…!

アミタドライブを反応させているのは2人のメンタルサインのバランス
エウレカだけではダメ
レントンだけでもダメ
重要なのは2人のバランス


それぞれ思い思いに過ごすゲッコーステイト
「もう解散、解散!ゲッコーステイトかいさーん!!」
タルホとホランドまたやってます
「離してよッ!!」
凄いスウィング音がしましたよ!
さすがタルホ
「だ、だってアンタ、レントンに嫉妬してるだけじゃん。エウレカをとられたからいじけてるだけでしょう!?」
押し黙るホランド
「どうして…?ぶつかってきなさいよ!受け止めてあげるわよ!」
ああ…じれったい……!!

「ぱ、パパ…ママ……」
口に出してみて照れるレントン
思い出しにんまりをしているところにチャールズ登場
小指を立ててからかうチャールズ
違うと叫ぶレントンにチャールズはいじけて見せる
この人可愛いですねー
「父さん、母さんってとこからスタートじゃダメですか…?」
「俺、父親のことも母親のことも一度も呼んだこともないもんで…いきなりパパ、ママはハードルが……」

レントンを抱きしめるチャールズ
「ジムで一汗かいてきたところだ。クサイか?」
「う、ううん…」
「これがお前の、親父の臭いだ……」
「本当に…いい臭いだよ…」

感動…!レントンはまだまだ子供なんですよね…

レントンはじっちゃんの話をチャールズにする
い、嫌な予感が…
いろいろバレる…!
アドロック・サーストン
ああああ…!!!バレちゃった!
前回の予告のレイの顔がここで使われました
なるほど…そりゃ驚くよね…
フリーランスに乗るレントンとチャールズ
「人を殺す道具の気持ちなんて…俺には分かりません」
「こんなに綺麗な世界なのにどうして人は争うのかな…」

そうだね…
ゲッコーステイトだったこともバラしたレントン
「ホランドは元気でやってるか?」
驚くレントン
そこに襲いくる州軍
囲まれたレントンは思い出す…殺してしまったあの生々しい記憶
チャールズは止める
自分の正体バラしたチャールズにレントンは愕然とする
「嘘だと言ってよ!」
「お願いだよ、チャールズ…!俺、練習するから!パパ、ママって言えるように頑張るから…!だから、お願いだから…だってそんなの…嘘だ……嘘だぁああああ!!!」

泣ける……!!
涙声なのが余計に涙をそそります…

やっと覚悟を決めたホランド
レントンが下がれば、ホランドが上がる

決めるのはお前だ、とレントンに決めさせるチャールズ
あんた…どこまでいい人なんだ…!!
「一つだけいいですか…?最初から分かってて、僕に近づいたんですか?」
「当たり前でしょ!?」

泣くレイ
本心じゃないというのがありありと分かります…!
「ありがとうございました!」
感涙…!!!
レントンのマグカップを持つレイ
「あいつ…戻るかな…月光号に……」
「貫くわよ…だってあの子は私たちの息子だもの…」

ビームス夫妻の子供になりたい…!!!

エウレカ…俺は君に……逢いたい

ニルヴァーシュに動いて!と叫ぶエウレカ
俺がいくよ、とホランド
やっと決心がついたようです
どうなることやら…
で、つづく!

今回はかなり涙を誘われました…いい話すぎだ…!
ビームス夫妻、最高!!!
[PR]
by dark-road001 | 2005-10-03 18:19 | アニメ