徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

交響詩篇エウレカセブン 29話

29話 キープ・オン・ムービン

「世界は変わり始めた。各地で頻発する地殻変動。対策が後手に回った連邦議会。不満を募らせる民衆。その後押しを得た軍部の再編。
全ては大佐の計画通りに進行している。…レントン・サーストン、お前はここにどう関わる?この英雄の息子である、お前は……」

久しぶりのドミニク特務大尉!
相変わらず!
アドロック・サーストンのお墓の前に花を供える
ドミニクさんはベルフォレストにいる様子
地図を見て…地図を回すドミニクさん
方向音痴も相変わらず
変革はこの街から始まった…サマー・オブ・ラブ以来、初めてセブンスウェルが確認されたのもこの街……
お気に入りのバイクで走り出すドミニクさんに前に
飛び出してきた女の子が!
「うわぁ!?」
吹っ飛ぶドミニクさん!!
それでこそドミニクさん!
間一髪で避け、女の子は無事!
でもドミニクさんのバイクは……破損
雪道(しかも坂道)をバイクを押しながら進む
ミラーにもばっちりヒビが入ってますね!
「あー、君たち!バイクの修理をしてくれる所を知らないか?」
女の子3人組に話しかける。レントンのクラスメートの子たち?
バイク押すの、大変そうです
案内された先にいたのは…アクセル・サーストン
じっちゃん…!!
久々に声を聞くとほっとしますね…!
ドミニクさんって強運ですよね

レントンとエウレカ
レントンは白鳥号での話を嬉々としてエウレカに話す
…何だかレントンが別人に感じます
作画の所為?
「何であの2人が死ななきゃならないんだ…何であんな不幸な死に方をしなきゃならないんだ…!」
なぜ、自分が守られ、チャールズとレイが死ななければならなかったのか…
叫ぶレントンにエウレカは。
「私がレントンを選んだから…私がホランドではなく、レントンを選んだから……」
「レントン!私ね…私……!」

言いたいときに言えばいい、というレントン
ここで聞いておかないと、後に後悔するような気が…

「レントンの友達?」
「はい!私は…」

え、友達…でしたっけ?
同志だと思ってたんですけど
ドミニクさんに質問攻めをする3人娘にじっちゃんが唸る!
「やかましいっ!いい加減わしにも喋らせんかッ!」
じっちゃんの迫力にビビるドミニクさん

レントンがじっちゃんを心配していたと伝えたドミニクさん
「ドミニクくん…と言ったかね?」
「あ、はい!」
「世界中を旅されとるとのことだが…次はどこへ?」
「どこへって…その…まだ…と、特には…」

ドミニクさんって嘘付けないタイプですよね
でも、なんとか頑張りました!
じっちゃんと修理に取り掛かります

所変わって月光号では
トイレで叫ぶドギー兄さん
トイレがピカピカ!
床もピカピカ!っと思ったら床を磨いていたのはドギー兄さん
「だーーーー!ゴンジィ!!そこ拭いたばっかだってぇ!」
ウォズとケンゴウとギジェットもお掃除中
「レントンとエウレカが始めたの!」
驚きつつも、掃除することにしたヒルダさん
「何だか落ち着かねぇなぁ~」
と言っていたマシューも掃除へと向かう
白鳥号のように綺麗にするという目的なんでしょうねー…

上着を脱いだドミニクさん
どこぞの王子かというようなヒラヒラシャツを着てますね
親子三代揃い踏み…機械いじりが得意な親子三代
ひっかかりを覚えるドミニクさん
じっちゃんは吹雪の中、外へ。職人さんですね

ホランドを看るタルホ
「私も背負わせてもらうわ…あんたの苦労…」

ゲッコーステイトみんなでお食事中
エウレカとレントンの合作
ストナーいわく、「へぇ…こりゃ、ちょっとしたもんだ」な、できばえ。
ホランドと話が出来るまで役に立つことをしたいというレントンに…
「お前は俺たちの大切な仲間なんだからな!」
ハップのような大人がいると安心します…!
感動も束の間、タルホ登場
ゲッコーステイトは、家族ごっこをするためじゃない…戦争をするために集められた
アドロックがこの戦争の原因
この戦争が始まったのはアドロック…それでも関係ないとレントンは言えるのか……
タルホの口から告げられる厳しい現実
コーラリアンは知的生命体だと後押ししたアドロック
それは、人型コーラリアンであるエウレカの存在故
ゲッコーステイト全員が知っていた訳じゃないようです
軍内部で対コーラリアン部隊が再び編成された
地中深くに隠された兵器…ストナーはその証拠写真を取り出す
コーラリアンとアクセス出来るのはエウレカだけ……
アドロックの意志を継ぎ、エウレカを守るために作られた月光号とそのクルーたち
「世界を敵に回すことも意味する。その覚悟、あなたにはある?」
「…あります」


次の目的は軍お抱えの場所
ニルヴァーシュを修理出来るのはそこだけ…
「レントン。これ、後でもう一度ゆっくり頂くから残しておいてくれないか?」
「あ、俺も頼む」
「わしも頼もう」

ジョブス、ウォズ、ケンゴウ…!!
それぞれが任務に就く中、レントンとエウレカは。
レントンに嫌われることを恐れて自分がコーラリアンだと言えなかったエウレカ
「エウレカ…君は君だよ……」
エウレカは涙を流す…

バイクが直り、喜ぶドミニクさん
魂魄ドライブの輝きが増したという…さすが、じっちゃん!
「これからも…レントンと仲良くしてやってください。あれの父親は英雄と祭り上げられた男です。だが、あんなものは軍部のでっちあげにすぎんのです。
どうか…ありのままのレントンを見てやってください」
「……っ」
「最初、君を見たときから他人である気がしなかった。気が向いたらいつでもここに寄ってください。君のバイクの修理なら…この老いぼれ、いつだって喜んで引き受けますよ」
「ありがとう…っございました…っ!」
号泣するドミニク特務大尉!!!
「くそう…くそうッ!」
「何をしてるんだ私はッ!こんなこと…大佐に報告出来るものかぁッ!」

ゴーグルを投げ捨て、袖で涙を拭う
1人、青春真っ盛り!

「ドミニク特務大尉がベルフォレストをたつと報告しろ」
尾行られてる!?

ホランドが目を醒ました…!
月光号出発!
つづく!

今回はドミニク祭りでした!
タルホがあの場面でいきまりベラベラとエウレカの過去を話すとは…
なんだか意外でした

←じっちゃんは良い人すぎます…!!ドミニクさんをも陥落させたじっちゃんは凄い!
[PR]
by dark-road001 | 2005-11-06 22:55 | アニメ