徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

BLOOD+ 第10話「あなたに会いたい」

「ねぇ、カール。僕たちシュバリエは1つの意志を5つの体で分かち合うものたち…ですよね?」
「我々血を分けた兄弟の間に隠し事はない」

カールと話す相手…新キャラ?
5人ということはカールと電話の相手以外に、翼手があと3人いるってことでしょうか?
「だが、兄弟だからこそ、口に出来ないこともある…」
小夜を狙ってることは秘密?

ファントムのことを考える小夜はハノイ行きを知らなかった様子
対するミンは外に出ることが嬉しいようです
戦争博物館でも閉じ込められてるよりは良いですよね…
ざわつく教室の中に入ってきた小夜は自分の机の上に置かれた青いバラを見る
「これって…」
「何これ!?青いバラじゃない!これって、もしかしてファントムの告白ってやつぅっ!?」
ミンは大はしゃぎ!
食堂でウワサする生徒たち
リセで一番の美女がファントムから告白される?
アンナマリーは妬んでそう…
一緒に昼食をとっているクラスメイトからの情報が…青いバラが咲く場所を知っていると!
聖堂の横にある立ち入り禁止の場所…学園でたった一箇所、鐘楼の上からだけは見える
夜中に徘徊!小夜はハジと合流
ハジが小夜の腰を掴み、跳躍!
お姫様抱っこ!!!
侵入したバラ園には確かに青いバラが…地下へ続く道を見つけ、降りることに…
721226…と書かれたコンテナが。アバンでカールが移動させたというコンテナのことですね
中身は…?とりあえず、ロクでもないものなことは確かだと。
あんな暗いところで数字が読み取れる小夜がすごい
ミズ・リーが…!聖堂から入れるんですね…

小夜はデヴィッドに報告
沖縄で会った翼手とは違う気がするという小夜
「なんだか…頭がいいっていうか……」
「シュバリエ…?」

デヴィッドには心当たりが?
潜入させるなら、前もって情報くらい教えておけって話ですよね
翼手を滅するのは小夜ですし
カイとリクは変わりないと言うデヴィッド…まぁ、妥当な返事ですかね
ミンはやはり鈍い
「ジョエルの日記によれば、ディーバの守り手となる翼手…それがシュバリエと呼ばれていたわ。ロシアでも、ドイツでも…そして、ここでも…」
コンテナの中身がディーバ…?
確証がないのでデヴィッドたちが潜入捜査?本部が動かないようなので、応援は期待できない
片っ端から当たっていって少しでも被害を減らそうとかは考えていない、と。
「リセで年に一度の交流会として、舞踏会が予定されてるの」
潜入チャンス?

岡村も同じことを聞き出していた…行動早い!さすが
聞き取り相手は、ベトナムから沖縄にワインを送った会社の人
カールの肩書きは、フランスの大手製薬会社の現地工場の主任。
「頑張るあなたにぃ?」
「サンクフレシュ・ゴールド…ってぇえ、栄養剤のあの会社?」

有名だそうです
よく効くらしく、岡村さんもよく飲んでいるようです
大企業なので、取次ぎは難しい!

ミズ・リーの長く堅苦しい説明の中、ハノイに研修にきた小夜たち
小夜は写真を見てフラッシュバック…
怯え、愕然とする女の子とミンの姿が重なる
「い、いや……っ!」
「小夜…?」
「こ、来ないで!!」

小夜はがむしゃらに走り出す…その間にも過去の光景が襲ってくる
走ってる途中で小夜は岡村とぶつかる!!
特に会話も交わさずスルー
路地裏に入ったところで
「小夜」
これは…もしや…!
でました!!青いバラと共にファントム出現!!
うわぁ、ストーカー!!
「小夜…お前に会えるのを待っていた」
ストーカーならこっちだって負けない!ハジ登場!!!
髪が浮いてるシーン、格好良い!
小夜に剣を渡し、ファントムと戦うハジ
「まさか…!貴様が小夜の…!!」
同じような手をしたハジを見てカールが睨む
「小夜…戦って」
「何が…あったの…?」

小夜に気をとられている隙をつかれ、ファントムに吹っ飛ばされるハジ
「どうした!?何を躊躇う?あの時のお前はどこへいってしまったんだ!?」
小夜を見たときから右腕の疼きがおさまらないそうです
「覚えているか…あの日のことを…」
知らないと言う小夜
ベトナム戦争での記憶が……
「そうだ…その目だ……!」
変態が…変態がここに…!!
カイ・リク・ジョージの言葉を回想…小夜は意を決して刀を振るう!
カールの右腕を斬り飛ばす!
バカ…?
「私は!私の過去を受け入れる!私は、私がやれることをやるだけだから!だから!」その言葉に呼応するようにハジも復活!
「そうか…そういうことなのか…!」
納得?
「お前は覚えていないのか…?自分が何者で、どんなことをしてきたのかを…。眠りの中に忘れてきたと言うのか!なぜだ…なぜ覚えていない…?」
仮面を外すファントム
「それでは…それでは、私は気持ちよくお前を殺せないッ!」
涙を流し、訴えるファントム!!
え、泣くの!!?
そして振り返り…
「理事長…」
気付くの遅すぎ……
「小夜。全てを忘れていたとしても、お前が危険であることに変わりはない!」
むしろ、お前が危険であることに変わりがないよ!!!
「今宵はこれにて…。では、しばしの別れを…」
会釈し、去っていくファントム
もう永久に帰ってこなくてよいです
「ファントムッ!」
理事長って叫ばない小夜…
残されたのは青いバラ……

次回
舞踏会
ジュリア…ストパー!?
小夜VSカール
「ねぇ…私たち、友達だよね?」


←ぜひぜひクリックお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2005-12-11 21:52 | アニメ