徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

BLOOD+ 第18話「エカテリンブルグの月」

「手紙を読んだよ。ヴォリス(?)の奴は今でも首都、氷の国で研究を続けているそうだ」
テッドはフィリップに話しかける
「息子に…アンドレに会ってくるよ」

知恵の輪でイラつくカイ
こういうの本当に苦手そうですね
「力任せにやっても無駄よ。力任せにやると壊れちゃうわよ。もっと肩の力を抜いて、ゆっくり、そっと、優しくね」
何の指導ですか、ジュリアさん…!
分かってないカイにジュリアさんがお手本を見せる
「相手の立場に立って、逆から物事を見てみるの」
「恋愛と同じよ」

でも、デヴィッドには通じないんですよね?

小夜たちは午後の列車で向かって、明日の朝に着くようです
それまでカイたちは別行動をとることに
テッド…血液学者で、ベトナムでデルタ67の研究責任者だった。ロシアへ亡命していた
「デルタ67…親父を変えちまったあの薬…!」
テッドを探し、車で移動~
ジョージの銃は渡してもらえず、イラつくカイ

テッドの家に潜入!
カイは車の見張りで、デヴィッドとルイスはテッドの家の中へ
「くそっ!デヴィッドの奴…ぜってーシメてやる…!」
無理無理
朝まではいたものの、テッドは見当たらず…
「相手の立場に立って、逆から物事を見てみるの~…なんたってさぁ~」
ジュリアさんのモノマネがあまりにも似て無さすぎて面白いです
カイは独り遊びの天才…!
「…やった」
ジュリアさん、ナイスアドバイス!
カイに仕事!バラバラの手紙を組み合わせる仕事のようですね
大事な手紙なら燃やしておきましょう
仕事が終わって、余裕のカイは調子に乗るが…
「礼?その程度の仕事で礼を要求するのか?礼が欲しければいくらでも言ってやる」
とか言ってますけど、全く言うつもりないですよね?
「アイスランド…宛名はフィリップ・ローゼンバーム」
10年前から行方不明の、テッドと同じく亡命者
次の目的地へ移動~

死に掛けのフィリップにテッドの場所を問い詰めるデヴィッド
「約束する…必ず、月を…月を……」
アンドレに月を見せると言い、涙を流すフィリップ
写真からまたもや情報をゲット!
一方テッドはアンドレに会いにきていた…
アンドレは翼手…!干からびていて動かない…?
テッドの居場所を掴んだデヴィッドたち
発電機が稼動してるものの、大丈夫なようで
「なんだよ、ウランじゃなくてガソリンじゃん」
エレベーターで下の降りることになったが…下からテッドの呻きが…!
カイも一緒に行くと言ったが、デヴィッドに止められる
「お前は何のためにロシアへ来た?小夜を優先させろ。下に用があるのは俺たちだ」
「心配すんな。すぐに戻る」

ジョージの銃を渡され、カイは留まる…
ルイスがいなかったらかなりギスギスしてたでしょうね

テッドは翼手に襲われて、血を流して倒れていた
箱から出られない翼手
囮になったルイスが引き付けている間にデヴィッドはテッドの元へ
油断してたところに翼手がデヴィッドの背後を襲う!
デヴィッドは毎回油断しすぎ…!
ルイスが発砲!テッドを回収して引き上げ
翼手はどうやらテッドの息子
「実際には3人の男たちが持ち込んだ特殊な血液。その長期保存の研究だった…」
特殊な血液から作ったものがデルタ67の様子

襲い来る翼手にカイが奮闘!
デヴィッドの銃を発砲し、翼手を攻撃!さらに、ガソリンをかける!
「燃えちまえ!」
引き金を引いたものの…弾切れ!なんてカイらしいオチ…!
そこへデヴィッドが発砲!翼手は燃えながら地下へ…
「デルタ67が完成した時、私はあの血液の主に引き会わされた…」
「主?」
「美しい…少女だった…。美しく奔放…だが、人類にとって最も危険な少女。彼女はディーヴァと呼ばれていた…だが、それも全て72年の北爆で消えてしまった」

建物に起爆装置を仕掛けたと言うテッド。息子を生めて欲しいと…
「すまない…アンドレ……」
そこで事切れるテッド…

建物崩壊後、倒れるデヴィッド
「なんだよ、その傷…」
「こいつは…戦場で翼手に遭遇し、消滅した部隊のたったひとりの生き残りなんだ。生き残ってしまったが故に戦い続けなければならない…。それがコイツのお背負っている運命…なんだとさ」

デヴィッドは頑丈すぎる

一方小夜たちは~
くしゃみをするリク
風邪かなと心配する小夜
「大丈夫だよ。ハジの服借りてたから暖かかったよ」
「そっかぁ…ハジ、ありがとう」
「いえ、礼には及びません」

アットホーム
今回小夜たちこれだけみたいですね…
「リーザさんも、助けてくれてありがとうございましつぁ。皆でエカテリンブルグへ行けるのも、リーザさんのおかげです」
「そう?お役に立てて嬉しいわ…」

指輪が光る……
え、何で普通に座ってるんですか!?
そういえば、デヴィッドたちに連絡したのもリーザなんですよね…
え、ジュリアさんとかおかしいとか思わなかったんでしょうか…
どう考えても怪しいのに…
つづく!

次回
小夜はなぜ戦うの?私が教えてあげる
ハジが大量出血!
「血に従い、そして行きなさい。あなたの誕生の地に…」


「力任せにやっても無駄よ。力任せにやると壊れちゃうわよ。もっと肩の力を抜いて、ゆっくり、そっと、優しくね」
←クリックお願いします…!
[PR]
by dark-road001 | 2006-02-11 22:46 | アニメ