徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

BLOOD+ 第32話「ボーイ・ミーツ・ガール」

「俺、何も出来ないけど、ずっと傍にいるよ。お前とリクの傍に…。それで終わったら、3人で沖縄に帰ろう」
「うん…」

そうすることが出来ればどれだけ良かっただろうか…
血+の世界は甘くなく、カールとディーヴァが襲う…!
今回はありえませんでした…衝撃と悲しみが……

ディーヴァの声に反応する小夜とリク
リクとカイはデヴィッドのところへ。
小夜とハジはディーヴァとカールの元へと向かう
「絶対帰って来いよ。俺たち待ってるからな」
背中越しにかけられる声に小夜は…
「カイ…全てを終わらせたら…3人で……」
首を横に振る小夜
「小夜姉ちゃん!」
イヤな予感が…

カメラににっこり嗤うディーヴァ
怖!カメラ壊すのかと思いました
可哀相な赤い盾のみなさん
「綺麗な色…」
ディーヴァは無邪気に殺していく
「ちょっと見てくる。リクはここにいろ」
カイがこう言って、いい結果になった試しがないのですが…!
リクを1人にするほうが危険なんじゃ…
「あなたはどこにいるの…?」
ディーヴァの声を聴き、恐れるリク
カイが戻ってきた…!何もなくて良かった…
会議室のデヴィッドの元へと向かうことに
「もうすぐよ…」
リクはカイの腕をとり、足早に目的地へと向かう
「隠れたってダーメ!」
小夜の時みたいに鬼ごっこに…!!

一方、上機嫌なカール
「ファントム…」
懐かしい響き……
「君に落とされた手と足もこの通り新しいものに変わっているが、僕の心は変わっていない。君一筋だ」
うわー嬉しくない
「ディーヴァはどこ?」
無視!!!
「残念だが君が踊るのは、この僕と。今宵は踊り明かそう!」
レッツ・ダンス!
ハジがカールに押され気味…
このパターンは……串 刺 し !
またですか…
「いいだろう?これ」
自慢…!!!!新しい手はお気に入りなようですね
「脇役が僕の邪魔をしないでくれ」
むしろお前が脇役だ…!カールのそんなところが好きです

エレベーターを待つカイとリク
中にはディーヴァ
スニーカーなのが気になります…動きやすそうですけど
「み~つけた!うふふふ…」
逃げろ…!!
咄嗟に隠れたカイとリク
靴音が遠ざかる…
小夜の元にカールが…!
「ハジは…!?」
「君のシュヴァリエかい?彼なら今頃、海鳥に啄ばまれているだろうね。あはははは!」

ハジ…!不謹慎ながら色気を感じました…
カールの表現にいちいち反応してしまいます…海鳥って…

「この艦をディーヴァの棺桶にする」
ジョエルの決意
まさかこの後、別の人の棺桶になるとは…
「私に構わず、先に逃げてください」
「…ヘリポートで会おう」
「…了解」

デヴィッドはしぶといし、ルイスはデブキャラだからきっと生きて帰れますよ…!

「本当にハジみたいに小夜姉ちゃんを助けられるのかな…」
身体能力や、突然の変化に戸惑うリク
「なんくるないさー」
久々に聞きましたね~
「なるようになるさ」
なってください…本当に
自爆装置が作動!
「俺の後ろに守んなきゃなんねー奴がいるって思ったら覚悟決まっちまうのさ」
いいセリフの後に、何ですかあの動きは…!
カイ結構余裕ですね
そこへ不意打ちなディーヴァの登場…!
カイの銃が唸る!でも、普通の銃で効くはずもなく…リクの足を引っ張る
カイ、渾身のターーーックル!!!
頑張ってます!カイ、頑張ってます…!
「邪魔よ!」
やっぱりー!仕方ないですよね、今回は…殺されないだけマシ……
追い詰められ、迫られるリク
ディーヴァは服を脱ぎ、リクに近づく
恐怖に怯えるリク
「怖がらないで…あなたは私のものになるの……」

小夜が駆けつけると…カイがディーヴァに捕まってる…!
小夜はディーヴァを刺すも…
「慌て者のお姉さま。血が塗られてなくてよ」
ちょっと、小夜ーーーー!!!
小夜が見た先にあったものは…
裸で石になったリク
リクーーーーーーーーー!!!!!!
嘘だと言ってーーーー!!!
石になった目から一筋の涙が…
イレーヌでの悪夢が再来
「この人からの大切なものをもらったから、私もお返しに血をあげただけ…」
お腹をさするディーヴァ
ま、まさか…!
「でもこれでやっと分かったわ…。姉さまがシュヴァリエを殺していた気持ちが……凄く気持ちいい」
前回のディーヴァの生い立ちをすっかり忘れれるくらい、泣きそうです
「カール、姉さまを好きにしていいわ」
「喜んで」
「小夜、僕の愛をーー!」

そうはさせない!とハジが復活!
カールを止めた瞬間、傷口が…
傷の治りが遅くなってる…?
リクをやられてハジもお怒りです
目覚めたカイの目の前で、リクが砕けていく…
あんまりなんですけど…!
残されたのは、イレーヌと同じ、赤い結晶……

デヴィッドが迎えにきた…!
脱出!
リク…
「長官!ヘリにご搭乗を…!!」
「まだデヴィッドたちが戻ってきていない!」

まだ粘ってたの、ジョエルさん
そんな簡単にディーヴァたちが閉じ込められると思ってるのか…!
カールに乗って、ディーヴァは空をゆく
面白いポーズで矢を飛ばす
さすがデヴィッド、運は良い…
ジョエルーーー!刺さった…!!!
「ジョエル!」
ジョエルって普通の人ですよね…まさか……
小夜はハジと共に残る…
ヘリが飛び立ち、小夜たちはディーヴァと対峙する…
ディーヴァを倒してもアンシェルがいる限り、根源は絶たれなさそう…
「小夜ぁああああああ!!!」

カイが可哀相すぎです…

次回
なぜか1年後
翼手ハンターカイ
赤い盾の崩壊
デヴィッドの表情からするに…ジョエル…!?
「小夜…どこにいるんだよ…!?」


←リクにお悔やみ申し上げます…どうか安らかに……
[PR]
by dark-road001 | 2006-05-21 00:16 | アニメ