徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

想えば想うほど、遠くなる距離

師匠との対談の日がやって参りました!
お土産にケーキを持ってきてくれましたvv(感激
今回の語りは熱かったです…!

本日の出来事

・本の貸し借り(恒例行事
≪借り物: 『エスペランサ』(漫画)6巻
       『G線上の猫』(漫画)2巻
       『ゲマインシャフト』(漫画)3巻
       『純情ミニマム』(漫画&ドラマCD)1冊&1枚
       『獣・夏…セイントビースト公式同人本』(冊子)1冊
       『COOL-B』(雑誌)3冊
       『英国妖異譚』(小説)11巻
       『スウィートジャンクション ラジオCD』(CD)1枚
       『aerial KINYA』(CD)1枚
       『創聖のアクエリオン』(ビデオ)1本
        咎狗の血セット
       『ポストカードコレクション』(本)1冊
       『INSIDE ORIGINAL SOUNDTRACK』(CD)1枚
       『Image Drama CD vol.1&2』(CD)2枚≫
……多いですね
というか、CD系が多すぎ…!!
『ぱふ』はその場で読んで返しましたが、
この前に借りた小説は延滞したので読むもの&聴くものが多いです
幸せすぎる…!!
でも、消化できなさそう……;

・構成とキャラ設定から見る、ガンダム種運命の展開
前作のガンダム種と、エウレカの構成との比較をしていたのですが…
運命は酷すぎる
という結論に達しました…
戦争、国家元首の役割、国民、国を守るために行うこと…などを踏まえての討論
あと、シン好きなので、キャラの動かし方についてなど
種時代の方が良かった…エウレカの展開を見習おうよ!
みたいな話をしてました
これについて書くと、批判的になるし、何より長くなるので省略
構成の良し悪しで作品が決まります

・ツバサのファイ・D・フローライトという人物について語る
琴野と師匠はファイさんが好き…というか、
ファイさんのために豪華版を買っていると言っても過言ではありません
師匠はファイさんのためにマガジンを買ってるそうですし

彼は本質を隠して笑う人
もし、仮に殺されそうになったとしても、誰にも助けを呼んだりはしない
小狼と桜姫はもちろん…それが例え、黒鋼でも
あてのない旅の中で、帰る居場所のある他の仲間たち
どこにもない自分の居場所
ふとした時に見せる真剣な表情は黒鋼に見せる一種のメッセージ
さりげなく口にする本音を誤魔化し、微笑みを絶やさない
黒鋼が本心を見抜くような発言をしても、はっと目を瞠り、またいつものように微笑む

きっと、死ぬときでさえも彼は微笑むだろう…

ファイさん素敵すぎです!彼の強い面も脆い面も大好きです!!

・エスペランサについて語ってみる
かわいセンセの絵が画集になったら即買いというくらい大好きな2人
なので、初連載であるエスペランサについてはかなり評価が高いです
絵はもちろん美麗!
話もキャラも好き!
という良質な作品です
次巻で最終巻らしく、悲しいんですが…気になる!!
好きなキャラが同じなので話が盛り上がってました
主人公のジョルジュ…幸せになっておくれ

・萌える話・キャラの設定について考えてみる
延々とこの話をしていたように思います…
ハードボイルドが大好きな師匠は楽しく語ってくれました
小説2冊分くらいの内容を語ってくれたので、すっきりしました!
スッキリ!
「想えば想うほど、憎くなる」
最後はどろどろの愛憎劇でした…最後はおじいさんの年齢に…
二律背反…アンビバレンス
大好き!!!
矛盾の中に潜む葛藤がたまりません…!
「脆く、強い…弱いからこそ強がってしまう」
悩み、苦しんだその後に、どうするかが問題ですよね

・英国妖異譚のキャラについて考察してみる
本編では親友同士の、霊感マイペース少年ユウリとフランスのお貴族様シモン
でも、なんとなく2人の間に距離を感じる…
そこで考察してみました
仮の結論
ユウリが見ているのは…皆の憧れの完璧なシモン
人々に賞賛され、家柄も正確も容姿も非の打ち所のない、自慢の保護者的存在
実際のところ、彼はユウリ至上主義で、ユウリの思っているような完璧な人物ではないようです
シモンが見ているユウリは…穢れなく、神秘的なな香りを持つ綺麗な東洋の真珠
ユウリは自ら危険に突っ込んだり、危険人物の前で堂々と眠ったりと、
シモンの思ってるより、隠し事も多いし、忠告に逆らったりもします
…つまり視点が合ってない、と
先入観に囚われている…というか、対等の立場に立ってるようなカンジがしないというか
近ければ近いほど、焦点が合わないんでしょうね…
大事に思ってる分、見過ごしてるというか……
アシュレイ至上主義の琴野と師匠は、そんなシモンの空回りっぷりがたまらないです
落ち込むことはないよ、シモン!
君には輝かしい明日が待っているのだから!

他にもいろいろと語ってたんですが、長いので割愛
次回は22日に訪問予定なので、それまでに少しでも借り物を消化したいと思います!
[PR]
by dark-road001 | 2005-09-14 22:03 | 日記