徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー

2005年 11月 06日 ( 3 )

29話 キープ・オン・ムービン

「世界は変わり始めた。各地で頻発する地殻変動。対策が後手に回った連邦議会。不満を募らせる民衆。その後押しを得た軍部の再編。
全ては大佐の計画通りに進行している。…レントン・サーストン、お前はここにどう関わる?この英雄の息子である、お前は……」

久しぶりのドミニク特務大尉!
相変わらず!
アドロック・サーストンのお墓の前に花を供える
ドミニクさんはベルフォレストにいる様子
地図を見て…地図を回すドミニクさん
方向音痴も相変わらず
変革はこの街から始まった…サマー・オブ・ラブ以来、初めてセブンスウェルが確認されたのもこの街……
お気に入りのバイクで走り出すドミニクさんに前に
飛び出してきた女の子が!
「うわぁ!?」
吹っ飛ぶドミニクさん!!
それでこそドミニクさん!
間一髪で避け、女の子は無事!
でもドミニクさんのバイクは……破損
雪道(しかも坂道)をバイクを押しながら進む
ミラーにもばっちりヒビが入ってますね!
「あー、君たち!バイクの修理をしてくれる所を知らないか?」
女の子3人組に話しかける。レントンのクラスメートの子たち?
バイク押すの、大変そうです
案内された先にいたのは…アクセル・サーストン
じっちゃん…!!
久々に声を聞くとほっとしますね…!
ドミニクさんって強運ですよね

レントンとエウレカ
レントンは白鳥号での話を嬉々としてエウレカに話す
…何だかレントンが別人に感じます
作画の所為?
「何であの2人が死ななきゃならないんだ…何であんな不幸な死に方をしなきゃならないんだ…!」
なぜ、自分が守られ、チャールズとレイが死ななければならなかったのか…
叫ぶレントンにエウレカは。
「私がレントンを選んだから…私がホランドではなく、レントンを選んだから……」
「レントン!私ね…私……!」

言いたいときに言えばいい、というレントン
ここで聞いておかないと、後に後悔するような気が…

「レントンの友達?」
「はい!私は…」

え、友達…でしたっけ?
同志だと思ってたんですけど
ドミニクさんに質問攻めをする3人娘にじっちゃんが唸る!
「やかましいっ!いい加減わしにも喋らせんかッ!」
じっちゃんの迫力にビビるドミニクさん

レントンがじっちゃんを心配していたと伝えたドミニクさん
「ドミニクくん…と言ったかね?」
「あ、はい!」
「世界中を旅されとるとのことだが…次はどこへ?」
「どこへって…その…まだ…と、特には…」

ドミニクさんって嘘付けないタイプですよね
でも、なんとか頑張りました!
じっちゃんと修理に取り掛かります

所変わって月光号では
トイレで叫ぶドギー兄さん
トイレがピカピカ!
床もピカピカ!っと思ったら床を磨いていたのはドギー兄さん
「だーーーー!ゴンジィ!!そこ拭いたばっかだってぇ!」
ウォズとケンゴウとギジェットもお掃除中
「レントンとエウレカが始めたの!」
驚きつつも、掃除することにしたヒルダさん
「何だか落ち着かねぇなぁ~」
と言っていたマシューも掃除へと向かう
白鳥号のように綺麗にするという目的なんでしょうねー…

上着を脱いだドミニクさん
どこぞの王子かというようなヒラヒラシャツを着てますね
親子三代揃い踏み…機械いじりが得意な親子三代
ひっかかりを覚えるドミニクさん
じっちゃんは吹雪の中、外へ。職人さんですね

ホランドを看るタルホ
「私も背負わせてもらうわ…あんたの苦労…」

ゲッコーステイトみんなでお食事中
エウレカとレントンの合作
ストナーいわく、「へぇ…こりゃ、ちょっとしたもんだ」な、できばえ。
ホランドと話が出来るまで役に立つことをしたいというレントンに…
「お前は俺たちの大切な仲間なんだからな!」
ハップのような大人がいると安心します…!
感動も束の間、タルホ登場
ゲッコーステイトは、家族ごっこをするためじゃない…戦争をするために集められた
アドロックがこの戦争の原因
この戦争が始まったのはアドロック…それでも関係ないとレントンは言えるのか……
タルホの口から告げられる厳しい現実
コーラリアンは知的生命体だと後押ししたアドロック
それは、人型コーラリアンであるエウレカの存在故
ゲッコーステイト全員が知っていた訳じゃないようです
軍内部で対コーラリアン部隊が再び編成された
地中深くに隠された兵器…ストナーはその証拠写真を取り出す
コーラリアンとアクセス出来るのはエウレカだけ……
アドロックの意志を継ぎ、エウレカを守るために作られた月光号とそのクルーたち
「世界を敵に回すことも意味する。その覚悟、あなたにはある?」
「…あります」


次の目的は軍お抱えの場所
ニルヴァーシュを修理出来るのはそこだけ…
「レントン。これ、後でもう一度ゆっくり頂くから残しておいてくれないか?」
「あ、俺も頼む」
「わしも頼もう」

ジョブス、ウォズ、ケンゴウ…!!
それぞれが任務に就く中、レントンとエウレカは。
レントンに嫌われることを恐れて自分がコーラリアンだと言えなかったエウレカ
「エウレカ…君は君だよ……」
エウレカは涙を流す…

バイクが直り、喜ぶドミニクさん
魂魄ドライブの輝きが増したという…さすが、じっちゃん!
「これからも…レントンと仲良くしてやってください。あれの父親は英雄と祭り上げられた男です。だが、あんなものは軍部のでっちあげにすぎんのです。
どうか…ありのままのレントンを見てやってください」
「……っ」
「最初、君を見たときから他人である気がしなかった。気が向いたらいつでもここに寄ってください。君のバイクの修理なら…この老いぼれ、いつだって喜んで引き受けますよ」
「ありがとう…っございました…っ!」
号泣するドミニク特務大尉!!!
「くそう…くそうッ!」
「何をしてるんだ私はッ!こんなこと…大佐に報告出来るものかぁッ!」

ゴーグルを投げ捨て、袖で涙を拭う
1人、青春真っ盛り!

「ドミニク特務大尉がベルフォレストをたつと報告しろ」
尾行られてる!?

ホランドが目を醒ました…!
月光号出発!
つづく!

今回はドミニク祭りでした!
タルホがあの場面でいきまりベラベラとエウレカの過去を話すとは…
なんだか意外でした

←じっちゃんは良い人すぎます…!!ドミニクさんをも陥落させたじっちゃんは凄い!
[PR]
by dark-road001 | 2005-11-06 22:55 | アニメ
米軍の施設…監視カメラが映る先には翼手に襲われた人々が横たわっていた
その中の1人に攫われたジョージの姿があった…

ジョージが連れさられたと聞いた小夜たち
デヴィッドに食って掛かるカイ
「我々の推測が正しければ…ジョージの収容される場所にはおそらく…翼手がいる」
「翼手…」

膝についた血を拭う小夜
デヴィッドと共に行く決意を固める

病院の一室で刀を抜く小夜
「私が行くしかないんだよね……ハジ、あなたも…手伝ってくれる?」
「それがあなたの望みなら…」
「…ありがとう。少し風に当たってくる」

小夜に忠実な男、ハジ
予想通りの答えを返します
小夜は屋上へ
屋上にはリクとカイの姿が
前回から3日は経っているようですね
デヴィッドにジョージの居場所を聞いて、小夜とカイと一緒に探しに行こう!と言うリク
「小夜は俺たちとは違う…」
そのカイの言葉に反応する小夜
お約束なカンジでリクが小夜に気付く
「ごめん…私……」
気まずい……

本部からの電話
増援は無理だそうで
信頼されてるのか、見放されてるのか…
ジュリアさんは増援ナシは厳しいと言ってますが
敵のアジトの目星がついた様子
秘書向きな人ですね

那覇大学
ブン屋さん登場!
岡村さんという名前だそうですね
この大学で先生の解剖したようです
翼手にやられた被害者たちを回収してるんだそうで
ジュリアさんの読み通りの場所、ヤンバルにジョージが…!
「俺たちを置いていくつもりかよ!?」
足手まといと言うデヴィッドと衝突…
で、屋上に出て殴りあい……というか、一方的にカイがやられてます
いくら喧嘩が強いとはいえ、相手はあのデヴィッドですから
翼手に小突かれて絆創膏一つだったあのデヴィッドですから!
全く歯が立ちません
デヴィッド…大人気ない
デヴィッド的には
「手を抜いては教育にならん。身体に刻み込む」
という理由ですが。
「これが我々のいる世界だ…今のお前が入ってこれるような場所じゃない」
今…ということは、やがてはOKってことですか?
お仲間ルイスからの電話
夜に出発するとのこと。
「小夜…!俺も一緒に…!!」
「カイは来ないで。カイはここで帰りを待ってて」
「何…言ってんだよ」
「何も出来ないカイは足手まといなの。だから、ここにいて」

小夜に言われるとつらいよね…!
「小夜姉ちゃん、きっとカイ兄ちゃんを危ない目に合わせたくないから…」
何も出来ない自分が歯がゆいカイ

デヴィッド、小夜、ハジが出向く先は…暗い森の向こう
トランクに詰まれた包みを開けると、そこにはおにぎりが。
リク、カイって書いてますけど、多分リクの提案でカイはただのおまけだと…
「ハジ…刀を」
ハジがいつも持っているケースを開けると、刀が!
強固な造りっぽいですね
「朝までには戻る。戻らない場合は…」
「アンタは戻ってくる。俺は、待つ。そうだろ?」
「そうだな…」

戻れると良いですけどね!

アルジャーノ登場!
きました!ギャグ要員!
「叩いて出る埃がある以上、その埃を綺麗さっぱり掃除しないことには、あなたたちが困るだけでしょう?」
「出ると困るのは貴様たちの開発したものだろう!」
「ご使用の際は使用上の注意を守ってお使いください…そうラベルには…書いてあったと思いますぅ?」
アメを食べるシーンは既にお決まりなんですね?
「キャンディでも食べます?」

アメ、布教計画
でも、司令は食べないようです…残念
ヤンバルからマウスを逃がした為に、アドバイザーとして呼ばれたのが…アルジャーノ
ヤンバルは自爆装置が作動しない…
アメの包み紙を燃やすアルジャーノ
「司令、オプションDの発動を」
「ヤンバルに大穴を空けろと?」

メガネを上げるアルジャーノ
「いいえ…ヤンバルを自然に帰すだけです」
全く同じことだと誰かツッコまないのか

ジョージに忍び寄るものは…翼手

アクションシーンがないと盛り上がらないです
次回に期待!

←「ジョージを早く助けてあげて!」と思った方はクリックお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2005-11-06 21:07 | アニメ
11月5日に行って参りました!
疲れすぎてその日のうちに感想書くのは無理でした…
メンバーは結局、田島、花井主将、榛名さん、阿部(キモベ)、と
おおふりを読んでないというゲスト様でした

おおふりボーリング

おおふりのはずが、かなり普通のボーリングでした
田島様である琴野は頑張っていろいろ叫んだんですが(痛
思ったよりも微妙なスコアで…難しいですね!
3ゲーム勝負だったんですが
1ゲームからガンガン飛ばしてストライク出したりして

「おっと、これはナイバッチと叫ぶシーンか!?」

と思ったんですが、誰も叫ぶことなくスルーされました
皆、もっと積極的にいこうよ!
琴野はちゃんと
「ほらねーーー!」
って言いましたよ? さり気に!(必死
最後は、恥を捨てた阿部と田島のみ叫ぶというなんとも痛い光景に
レベルの低い争いを繰り返しつつ、あっという間に終了しちゃいました
途中でトークを入れるべきだったのですが、花井と田島がガンガン投げたので
すぐに終わってしまいました…あはは
田島様を貫くため、最後の投球で宣言しました!
「俺はどんなピンでも倒すよ!!」
おおきく振りかぶって(本気でボールは顔の位置より上にあげていたような気がします
投げたーーー!!

ガーターガーター

………故意じゃないですよ?
結局、地道にスペアを出した花井キャプテンが優勝!
ストライク王は田島でしたけどね!

とりあえず、投球スタイルを人に見られたら恥なので、
普通の人とは一緒に行けないことを学びました!
血まめができて、爪が剥がれるほど頑張ったので
満足でした!

あまりにも早く終わったので、その後カラオケに。
榛名さんはカラオケ初!だったのですが
かなり盛り上がりました!
アニソン率高かったですけどね!
誰の所為とは言いませんが(主に自分です すみません
やたら盛り上がりました
寿司食いねぇ!とかノリノリで歌ってごめんなさい
「君を壊したい」とか舌回ってなくてごめんなさい(そこか
花井キャプはバイトの為、途中でお帰りになられました
阿部はバイトがあるにも関わらず、かなり歌っておられました
喉使うバイトなのにね…大丈夫だと良いのですが
ゲスト様のポピーの歌で始まり、田島のグラビでしめました
とってもスッキリしました!

阿部とゲスト様と別れ、榛名さんとデートしてきました
某(アニメ)所と本屋さんに行って、榛名さんの語りを聞いてきました
榛名さん、喋る、喋る!
榛名さんは田島がやりたかったと言ってましたがスルーの方向で
榛名さんと会うと小説が書きたくなって仕方ない衝動が…っ
巻き起こる!
でも書けない!(文才ないので

疲れたけど、楽しかったです!
第二回は……するんですか?(誰への問いかけ!?

←おおふり最高!と思った方は、ぽちっとお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2005-11-06 18:21 | 日記