徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー

2006年 02月 04日 ( 1 )

「小夜…小夜……小夜!」
小夜を呼ぶハジの声……ハジ祭りの始まりです!!

小夜とハジの過去編~
ハジがいっぱい喋ってる…!!!!
次の標的を追って、ロシアまで来てるようですね
ハジが小夜の頬に手を…!!額もくっつけてます
「な、なに?」
「体温が下がっていますね」

ハジ小夜…!
小夜が目覚めて三年経った…けれど、次に目覚めた時に小夜を覚えている人は誰もいないのかもしれない…
「私が待っています。いつまでも、ずっと……」
健気…!
「私はいい。それよりもハジ、お前こそ少し休め」
主人、ってカンジですね。昔の小夜のほうが好きかも…
小夜が眠るまで、チェロを弾くと言うハジ。元々、小夜に教えてもらった曲…
「まだ…そんなに巧くなってないね」
「手厳しいですね」


グレゴリーの情報を探して移動~
ちょうどロシア革命の最中
アナスタシアというグレゴリーを信頼していた人物も、このロシアに潜伏中の様子
とりあえず、村へ移動。そこにいたおばあさんに話を聞く
ソーニャという学者の娘がいるらしいが、気味の悪い実験をしていたようで、村の者は近づかない…
見た目は可愛いですけど、裏切られそうな予感が…
「村に来て2年ぐらだから、昔のことはよく分からないの」
本当か…!?
ソーニャの父親は翼手に殺された…?

家へと招待される小夜とハジ~
ハジと共に2ヶ月も旅をしている小夜。この小夜は2代目?3…?
恋人?と訊かれた小夜の返答は…
「ハジは…家族みたいなものよ。そうでしょ?」
「そうですね…」

心なしかガッカリ?
ソーニャに懐かれる小夜…確実に今の小夜にも受け継がれてますね(香里とかミンとか…
「ちょっと…そんなにくっついたら危ないでしょ」
橋が壊れ、落ちる2人。それを追って、ハジも着水…
家の中ではタオルを巻く3人
ハジが上半身裸…!!凄いサービス精神旺盛ですね、今回…!
ソーニャのお父さんの研究は…
「人間を作り出すこと」
錬金術…!?窓の外から中を見つめるのは、あのおばあさん…

ハジのフリルの服が気になります…!
そーにゃの父親の本に挟んであった手紙。そこには、グレゴリーの名前が…
おばあさんの姿を見たハジは外へ
突如、上空から飛んできた木の杭に貫かれる…!

目覚めたら小夜の上にはソーニャが…
密着度高いです
Bパートに入ってから顔の崩れが激しい…
「人が人を作って何がいけないの!?」「人は人を超え、さらに神様も越えられるというのに…!」
「何のために?作りだされたものは何も望んでいない。きっと、望むのは…」
作られた存在である小夜にとっては痛い話ですね…
小夜は大食いも健在のようですね

物音を聞きつけ、小夜は外へ~
ソーニャが本性を現した…!右手が赤い…翼手!
「あなたたちはそんな風に呼ぶのね」
小夜の動きが機敏…!最終的に小夜はこんなカンジになるのでしょうか
「自然と共に歩むことを拒絶したの。そして代わりに何を得たと思う?」
「小夜!」

ハジ、復活!
ソーニャとその父親はグレゴリーの研究を手伝っていた
ソーニャを倒せば、その先にいるかもしれないアナスタシアを見つけられる…!?
「小夜!」
「いるわね…」

小夜は任意で翼手を探すために目を使うことが出来るのですね
馬車…この中にディーヴァが…!?
「グレゴリー…今は退け。ディーヴァは眠りを望んでいる」
「偉大なる長兄、アンシェル。あなたを襲い、ディーヴァを狙う狩人、小夜が目の前にいるの。あらゆる障害からディーヴァを護り抜くのが、私たちシュヴァリエの運命でしょ?」
「…分かった」

小夜&ハジ VS グレゴリー(ソーニャ)
敵が飛ぶタイプだと刀では思いっきり不利ですね
ハジが自らを犠牲にし、囮に…!
小夜は刀に血を充填
もっと早くしておくこととかって出来ないのでしょうかね?
小夜の刀がグレゴリーを貫く!グレゴリーは結晶化し、崩れる…
その場に崩れる小夜を抱きかかえるハジ
「眠いの…とても…。ハジこそ、酷い傷…」
「すぐに塞がります」
「そうだろうけど…許してね」

ハジは目を瞠る
小夜は長い眠りへと……
「待っています…」
「約束、覚えてる…?」
「ええ」
「私がディーヴァを狩ったら…」

読唇術があれば…!!「結婚しようね」と予想しておきます。ハズしてそうですけど
「私はあなたをずっと見守ります。例え、あなたが別の何かに変わっていたとしても…私が、あなたと離れ離れになろうとも…あなたを見つけます」
「だから、今はお休みなさい。小夜……」

別れのキスですか…!家族とか言ってましたけど、やっぱりどう見ても恋人…!!

現世~
「ハジも笑うんだね。夢を見たの。あなたが笑う夢。そして、あなたと何か約束を交わしていた」
「それは夢ではありません」
「え…それじゃあ、あなたと交わして約束って何だったの?」
「その時がくれば分かります…」

昔の同じようにハジの頬に手をやる小夜
良い雰囲気の途中でリクの呼ぶ声が…リクも無事のようですね
後ろいるのは…リーザ!?

次回
カイ、デヴィッドに雑用を押し付けられる
銃を手にする…!?
「いい加減、俺を認めやがれ!」


「ハジもクリックするんだね。夢を見たの。あなたがクリックする夢」
「それは夢ではありません」
←ハジがたくさん喋って嬉しかった…!と思った方はクリックお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2006-02-04 21:43 | アニメ