徒然日記中心ブログ。好きなものを好きなときに叫び語る ≪リンクフリー≫≪コメント・TB≫大歓迎です!泣いて喜びます!!         管理者:琴野瑛理


by dark-road001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:アニメ( 93 )

「いろいろ話した…楽しかった。私たち…誰かの思い出になれるのかな…?」
死期が近いイレーヌ…
少なくともカイの思い出にはなれると思います…!

ソーンが広がるイレーヌ
小夜の血を分けてやってくれと頼むカイ
「小夜…頼む!友達なんだ!!」
友達だったのか!
「頼む…というのか、こういう時は…。僕達は、奪いとることでしか何かを手に入れる方法を知らない。だが…」
武器を下げるモーゼス
「他にも方法があるなら、それを教えて欲しい」
歩み寄り…!
小夜はジョージが死んでしまった時のことを思い出す…
リクは助かった…でも、小夜の血は翼手を殺す
「いいよ…その人に私の血をあげる」
喜ぶシフとカイ
「治ったら…また一緒にパリを歩けるかな…?」
きっと歩けるよ…!
でも、展開的に無理そうです…ね
「本当に…いいんだね?」
もし違っても知らないよ?って確認ですか?
イレーヌの口の中に血を落とす小夜
ソーンが引いていき…
「違う……」
リクやハジの時とは違う症状を起こすイレーヌ
もがき、苦しみ…ソーンが広がり、石化する
皆が驚く中で、石となって砕け散っていくイレーヌの目からは涙が…
イレーヌゥウウウウ!!!
悲しすぎるんですけど…!!!
ハジ格好良い!!
カルマンを止めるモーゼス

戦争の兵器として作り出されたシフ
メンテナンスもいらず、時期がくれば死んでいく…
人の心を知らず、ただ破壊し、戦うだけの存在…

キルベドの資料からディーヴァの血から作られたと知っていたようですね
もはや救済は必要ではなく…あるのはディーヴァの死のみ
シフを引きとめ、協力を持ちかけるカイ
しかし、断るモーゼス
「ありがとう…と言わせて欲しい。この言葉を一度でも口にすることが出来て、良かった」
切ない…!!
シフは独自でディーヴァへ挑む…

研究で大分疲れているハズのジュリアに更に急げと追い討ちをかけるコリンズせんせい
いつ裏切ったとバレるのか…
「話を進めてくれ…ヴァン」
コリンズせんせい、着々と計画を進めているようです

アルジャーノもソロモンを裏切り、アンシェルと提携の申し出へ
翼手の研究も第三段階に入ったので、
アルジャーノのデルタ67、コリンズせんせいのD塩基、アンシェルのキルベドでの研究
どうやらこの3つを使って企んでるようです
飴を舐める、置いていく、と飴サービスも忘れずした後、去っていくアルジャーノ
「小賢しい……」
飴が燃やされたーーーーーー!!!
かなり笑いがこみ上げました…!

カイのシャワーシーンが…!!!!
ついに!
ついにきたというカンジですか!
アスラン的ポジションですね、彼は。
小夜に覗かれたーーーー!!!
しかも何もリアクションない!あれ…!?
「ごはん…」
いやいや、小夜さん!そんなのわざわざ風呂場まで言いにくるようなことじゃないと思うのですが!
「何やってんだよ…」
本当にね

ルイスのランチ美味しそう!
だよ~ん、っていうのがお茶目と言っていいのかどうなのか…
図書館に出かける小夜
イレーヌのことで塞ぎこんでいます
そこへシュヴァリエ2人が…
「でも。お願い」
結局、遊びに行くことに…リクのおねだりには勝てませんからね

岡村に隠れて真央嬢が見えなくて、一瞬男4人に見えました…
脅すデヴィッドに茶化す岡村
そこへ真央嬢の喝!!
「やるからね!なめんな!!」
極道の娘だけあって格好良い!
「真央!」
「私の知りたいこと…話してよ!」

デヴィッドが喋ってしまうような気がしてならないです

イレーヌ似の子を見て立ち止まる小夜
「小夜姉ちゃん」
僕らは、ずっとここに居るよ
って言うセリフが聞こえてきそうです
「小夜姉ちゃん、あのね。カイ兄ちゃんを嫌いにならないで」
「どうして…嫌いになったりしないよ」
「だったらもう一つお願い。自分のことも嫌いにならないで。……お願い」
「そんなこと…あれ、何で…?」

リクは今回でお願いを3回はしてますね
走り出す小夜を強引に抱きとめるハジ!!!
うわ!
うわ!格好良い…!!!

力になりたいという真央に、突き放すカイ
「な、彼女じゃないけど、力になるぜ」
「結構だ」

男はお断りですか?
メリット4つに、デメリットなし
いや、身を守れないとかイロイロあるでしょうよ、デメリットは

お嬢、健気…!

「ハンカチ使う…?」
「ありがとう…」
「別に……いいけど…;」

盛大に鼻をかむ小夜にリクもたじたじですね
ハジが笑ったところ見たかった…!!!
以前に言ってた予告がそのまま本編に使われた…!
ポエマーがいる…!
ハジが優しく諭す…
「ただ、貴女のシュヴァリエはいつも傍にいます…それを忘れないで」
駆けつけようとするリクを止めるハジ
「答えは…私たちが導くものじゃない」

赤い盾の場所がバレちゃいました!
動くのは…一月後!
アルジャーノの移動決定
電話を終え、受話器を置く前に襲われるソロモン!

カ、カ…!
カーーーール!!!
久しぶり!実に久しぶりですね!
「元気そうじゃないですか…」
「ああ。最高の気分だ…。再会の握手を…してもらえるかな?」
「その手…まさか兄さんの…」

相変わらずですね

次回
雨宿り
ジョエルの日記
「僕で全てを終わらせるために、僕はジョエルの名を継いだんだ」


「ああ。最高の気分だ…。再会のクリックを…してもらえるかな?」
←イレーヌお疲れ様…。カール久しぶり!と思った方はクリックお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2006-04-29 21:59 | アニメ
「シフに遭遇した?」
デヴィッドに報告する小夜。シフはまた狙ってくる…
カイはシフのことを庇う
「私達は翼手を滅ぼさなきゃいけないのに、何でそんなこと言うの!?」
もめる小夜とカイ
「ただいまー!」
リクおかえり!服可愛い…!!!!
「どうしたの?みんな…」
そんな小夜たちを他所にシフの不穏な陰が…

OP何度も見てたらかなり好きになりました!
3期が一番好きかもしれません

ハジとの昔の写真を眺める小夜
楽しかった過去…でも……
「もう戻ってこない…遠い昔の話なんだね……」
シフは小夜たちを本気で狙っていた
「生きるためにあなたの血を狙うというのは真実なんでしょう…」
また小夜を狙ってくるであろうシフ
小夜は、その時は…斬る決意をする
「シフは翼手なのに…分かりきったことなのに…カイはどうしてあんなこと言うんだろう…。なんだかカイがすごく遠い…そんな気がする…」
沖縄の小夜は一体どこへ行っちゃったのかというくらい別人ですね
一人にしてと言う小夜
「それが貴女の望みなら…」
このセリフが聞けただけで満足です…!

一方カイは考え事
小夜ともめたシフのこと…イレーヌとの出会いがカイの中の翼手というものを変えた…
「それより、お前のそのカッコ、何なんだよ」
「これ?ジョエルさんが前に着てた服くれたんだ。似合うかなぁ?」
「まるで七五三だな」
「兄ちゃんそれ酷いよぅ…」

リクの服はジョエルのおさがり!!
黒い服でハジとちょっとお揃いっぽく見えますね
どこかの男子校の制服みたいにも見えます
「…みんな、変わっちまうんだな……」
確かに…

ソーンが出て、寝込むイレーヌ
「いろいろ話した…楽しかった…」
「初めて…私達のこと、分かってくれそうだった。私達…誰かの思い出になれるかな…?」

誰かの記憶に残らなければ、自分たちが生きてきたことが消えてしまうと言うイレーヌ
毎日戦って、戦って。どこへも出れず、道具として扱われた過去の日々
「カイは私を道具じゃなくて、人として認めてくれた…。だから、私ももっと生きていたい、って…」
なんかちょっとじーんとしました…切ない……
2人の出会いはイレーヌにも変化をもたらしたんですね

小夜はジョージとリクのことに罪悪感を感じてる…
強ければ。もっと強ければ…
お父さんも死ななかったし、リクがシュヴァリエになることもなかった。
私が弱虫じゃなければ…もっと強ければ!
「話し合うことも出来ねぇか?」
戦う決意をした小夜の前にカイが立ち、問う…
「みんな、私のために戦ってくれてるんだよ!?」
小夜の所為で戦ってるとも言いますが…
「考えてみりゃ、人間にだってイヤな奴はたくさんいる。でも、いい奴だっているだろ。翼手ってだけで敵ってことにはならねぇ。それを認めちまったら、小夜やリクまで人間の敵になっちまうだろ!?」
「何で今になってそんなこと…!私は翼手を…斬る!翼手を全て倒すことが私の役目。生きていく目的なの。翼手がいなければお父さんだって死なずに済んだわ…忘れた訳じゃないでしょう!?」
「じゃあ、じゃあお前は!…もしかしたらお互い理解し合えるかもしれないのに、相手の言うこともシカトして皆殺しにすればいいって言うのかよ!?」
「他にどうしろって言うのよ!私とハジはずっとそうやって戦ってきたの!いまさら違う生き方なんて出来るわけないじゃない!」
「変わっちゃったね…カイは……」
「俺は…変わらねぇ」

小夜がうじうじしてるのも大概なんですが、こうやって思い込みが激しいのもどうかと…
ジョージのこと大分忘れられてたのに、いきなりそんなこと言われても…
翼手にだっていい奴はいる。でも、誰がそうで、そうじゃないのかは分かりませんし、
油断してたら逆に殺されるかもしれない
カイも小夜もそれぞれの価値観や考え方に従ってるだけですから…難しいですねー

小夜とカイを見つめるリクとハジ
ハジはただ見守り続ける…
カッコイイ…!
「いつまでも小夜の傍にいてやること…それはリクだけが出来ることだ…」
「でも、それはハジだって…」
「私は……」

えええ!何ですか…!?

岡村と真央はついに小夜たちの居場所を掴む!
そして邂逅!
「やっと会えた…」
真央嬢良かったね…!やっと…!長かった…!
「どうした…」
岡村さん、ルイスとデヴィッドに挟まれる!
「お前か……」

ジュリアさんの人体講座
生徒はジョエル長官とコリンズせんせい

軟禁される真央嬢と岡村
怒り狂う真央嬢…愛しのカイに会えたのに軟禁されればねぇ…
「あんたたち、こんなところで何してるのよ!?」
相変わらず高圧的な態度なお嬢
「イヤだ!カイと一緒じゃなきゃ帰らない!!」
岡村もただでは帰らない!
カードの見せ合いっこ
岡村先制!赤い盾が残した手がかりを元にカードは大分揃ってます!
「何もかも忘れて日本へ帰れと言っても無理のようだな」
「ご明察」

圧倒的にデヴィッドが不利…!
そこへ襲ってくるシフ!!
迎え撃つ小夜、ハジ
囮となって窓から飛び降りる小夜
カイも戦闘準備
「だからついて来んなって言っただろ…これが理由だ」
カイが先週から格好良い…!
襲われたデヴィッドたち…そこへリクがシフにタックル!
ナイス、リク!
異常に戦闘能力が上がってる小夜
これは剣の稽古なんかでは説明がつきませんよ…!

「カイ…」
イレーヌが現れる…!
銃で迎え撃つデヴィッド!倒れるイレーヌにカイが駆け寄る!
「イレーヌ!撃つな!この子は敵じゃねぇ!」
どこかで聞いたようなセリフを叫び、イレーヌを庇うカイ
二人の世界~
「目を開けろ、イレーヌ!」
「カイ…会えて良かった…」

他のシフさんに吹っ飛ばされるカイ
「小夜…頼む、お前の血を…イレーヌに分けてやってくれ…!頼む、イレーヌを助けてくれ…!」
驚くシフ、そして小夜……

次回
ハジが好きなのは夜の街
カイ、エフェル塔に再び…
呪われた血…
「あなたのシュヴァリエはいつも傍にいます。それを忘れないで」


「だからクリックしてくれたら嬉しいって言っただろ…これが理由だ」
←励みになります!クリックお願いします~!
[PR]
by dark-road001 | 2006-04-22 22:08 | アニメ
「翼手って何なんだよ…シュヴァリエって何なんだよ…。俺、何でこんなところにいるんだ…」
カイは遠くを見つめる
そこへイレーヌが登場
起こした子供にお礼を言われるイレーヌは戸惑う
「…『ありがとう』……?」

刀の練習をする小夜とハジ
小夜の動きが格段に良くなってる!!!感動!!
「ありがとう、ハジ。続きは図書館から帰ってからね」
「分かりました」

ここのシーン、いいカンジです!
小夜、変わりましたね~
問題はカイ……

イレーヌを尾行(という名のストーカー)するカイ
いろんなものを見て回り、楽しむイレーヌ
路地裏で脅されるイレーヌを止めに入るカイ!
人間には強い!!カイがカッコイイ!珍しく!(失礼
「ひょっとしてお前、血が欲しいんじゃないのか?」
一瞬、リクの時みたいに血をあげるのかと思いました
「何でやり返さなかったんだ?」
って!やり返したらダメでしょう!!
「もう誰も…殺したくないから……」
日が差してきて、倒れるイレーヌ

イレーヌって人魚っぽいですね
「なぜ…助けてくれたの?」
お互いがお互いの存在をよく分かっていないんですね
人間によって作られたイレーヌたちシフ…

小夜は図書館で調べ物
小夜とすれ違いで岡村と真央嬢が…!!
岡村は大分、ゴルトシュミットとゴールドスミスの関係が分かってきたようですね
でも、真央は全然興味なし
カイに会えないので御機嫌ナナメ

イレーヌとカイ
「生きるには…戦うしかなかったから…」
拘束具を付けられ、実験を繰り返される日々
戦う時だけは一時に自由を得られる
身体に何が起ころうとも、すぐに再生させられる身体
アンシェルが指示して作ったから、アンシェルも様子は見に来てたんですね
死なないと思っていたが、確実に訪れる死…
身体を蝕む亀裂…ソーン。次々と仲間を襲い、皆死んでいく…
モーゼスの言葉から、逃亡することに決めたシフ
「僕は!人間の本に書かれていた、『希望』という言葉を信じてみたいッ!!!」
イレーヌの身体にソーンが…!!
シフの元になったと思われる血が必要
「そのひとつがディーヴァ。そして、もうひとつは…小夜」

ソロモンはお咎めなし
アンシェルにシフを作った訳を尋ねるソロモン
「我々の未来に対する保険のひとつだ」
そこへ現れたディーヴァ、ジェイムス、ネイサン
「このドレス素敵でしょ?本当はアタシが着たかったんだけどね」
ネイサンが着たところ見てみたい…!!

「なぁ、小夜の血が欲しいんなら俺が頼んでやるよ」
「え…?」
「奪うだけが物を手に入れる方法じゃねぇさ。俺たち人間は、分け与えるってことを知ってる。お前だって、もう殺しなんてしたくないんだろ?」
「だったら、頼めばいいだろ?で、頼んだら『ありがとう』って言えばいいのさ」

高価で貴重な物であればあるほど、分け与えるって選択肢はなくなりますね
そんな方法で解決出来ないから戦ってるんですよねー…
『ありがとう』と習わなかったのか、と訊ねるカイにイレーヌは
「必要なことしか…習わなかったから……」
血を飲んでいないから、力が入らないイレーヌ
おんぶを申し出るカイ
このまま首絞められたらどうするつもりだったんでしょう?
カイが頼もしく見える…!!

家族の話をするカイ
「嬉しいと思う…あなたのような人が、帰りを待っていてくれるなら…」
「私、今日、あなたとお話できて…嬉しかった」
「何言ってんだ。これからだって出来るさ」
「カイ……ありがとう…」

なにこのいい雰囲気は…!!!
真央嬢や小夜よりもイレーヌといた方が幸せになりそうですね

リクに異変…?
そんな中、歌が聴こえる!ディーヴァ!!
ディーヴァ自身が歌ってなくても、歌は聴こえる?
イレーヌを追うカイ
小夜はカイを追う…
そこへシフ登場!
「カイ!」
「イレーヌ!」
「ダメ!カイを殺さないで!」
「なぜだ!イレーヌ、どうして人間を庇う!?」

カイとイレーヌの仲をモーゼスが引き裂いてるように聴こえますね!
「カイを離しなさい!」
ややこしい展開に…!
ハジも登場!!
いつでもどこでも待機して、貴女のお傍に!
「待ってくれ、小夜!あいつらは敵じゃねぇ!俺を信じてくれ!!敵じゃないんだ…!」
さっき殺されかけたのに、そんなこと言われてもねぇ…

「こりゃあ、面白くなってきた…!」
岡村が見ていたのは…小夜とハジの過去の写真!!!
ついに掴んだ…!?

次回
真央嬢、大暴れ?
イレーヌ、ソーンが…!
「カイ、何があったワケ!?」


「俺たち人間はクリックするってことを知ってる」
←イレーヌ可愛かった…!と思った方はクリックお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2006-04-15 22:31 | アニメ
「ねぇ、小夜姉ちゃんは?」
検査中のリク。小夜のシュヴァリエとなったので、小夜をしきりに気にするように。
「なんだ、カイ兄ちゃんか…」
カイが現れても、あまり喜ばない…カイがちょっと可哀相ですね
シフのことでアンシェルを少し疑うソロモンですが、
ジェイムズは、アンシェルを絶対とし、逆にソロモンを怪しむ
「あの子…会いたいな」
先週の分と連続で見たので、『ひとり血+1時間スペシャル』になってしまいました
遅くなりましたが、感想です

シュヴァリエになったので、食事の必要がなくなったリク
ジョージのモノマネで食事を促すカイ
しかし、食欲は湧かないまま、検査へ…
「そうだ!あのスープ!ルイス!あれ、リクに作ってくれよ…!」
必死なカイ
ジョエルの日記を読んで、リクがどんな状態か分かりつつも、
認めたくない様子
突然弟がそんな状態になっても、信じたくないですよね…
今のところ、リクには飛びぬけた身体能力などは見られない
ハジとは違う特殊な能力だったら面白そう!
「ヒトが…ヒトでなくなる瞬間を目撃しているんだもの…。それに、コリンズ先生の信頼を裏切りたくない」
ジュリアさんはコリンズ派なんですね…!複雑…

「後悔しているのですか?」
「…ううん…。ただ、リクの前でどんな顔をしたらいいのか、何を話せばいいのか…分からない」

跪くハジ
忠犬の誓い
リクもハジと同じようになるんですね…
カイが仲間はずれ…切ないですね
小夜たちと合流したリクとカイ
過保護なカイに怒るリク
「弟離れ出来ない甘えん坊兄貴なんだよ!」
小夜とリクは艦内を探検することに
「小夜に任せることだ…」
カイに哀愁が漂ってます…!
シフ登場!
艦内に潜入!!

眠れないリクは、カイに黙って外に出ようとするも…
「どこ行くんだ?」
水を飲みに行くだけと答えるリクだが、カイは自分が行くと言い出す
「弟離れ!」
それが出来たら苦労しないよ…
「俺…どうしたらいいんだよ…」
リクの傍にハジが…!
「あのさ、僕、変なんだ。ちっとも眠くならないし、お腹も全然減らないんだ。兄ちゃんも小夜姉ちゃんも変だよ。なんだか優しくて…それでいて、何かを隠してる」
「動物園…あそこにいた人、僕、小夜姉ちゃんと思ったんだ…。ねぇ、ハジ。教えてよ!あれは誰なの?」
「ディーヴァ」
「ディーヴァ?」
「私たちの倒すべき敵…いずれ、分かる時がくる」

シフの襲来に目覚める小夜とカイ!
素早く戦闘態勢!
カイもジョージの銃を取り出してやる気満々です!

イレーヌの能力発動中って無防備ですよね
小夜のあの黒い制服、良い!
あたらしい刀は覚醒時間が短くて便利!
小夜、受け身上手くなってる…!!!
リクを庇って銃を構えるカイ
そのカイを庇う小夜
さすがに刀をいなす力はない小夜
リクが刺されたーーーーーー!!!
死なないって分かってましたけど、イヤですね…
シフがまた一人散っていった…
小夜の構えが良くなってる…!
「僕…もう前の僕とは違うんだね……」
「リクはリクだ!!!」

カイのほうが精神的につらそう…
血を欲するリク
「シュヴァリエは、傷の再生に大量の血液を必要とする」
というか、こうなるのは予想できたと思うのですが、
前もって準備とか出来なかったもんなんでしょうか
リクのために人肌脱ぐカイ
カイを吸血するリク
「カイ兄ちゃんって…あったかいね……」

次回
シフメイン?
イレーヌの過去
「カイ…ありがとう」
さようなら、とかだったらイヤですね


←励みになります、クリックお願いします~
[PR]
by dark-road001 | 2006-04-13 00:11 | アニメ
「リ、リク…?」
ディーヴァに血を吸われるリク
それを見た小夜はどうするのか…

次週は5時半かららしいです
間違えないように気をつけないといけませんね

小夜を巡り、戦うソロモンとハジ
動きが変なんですが
コマ送りで見たらソロモンがあやつり人形か超オーバーリアクションの指揮者みたいに見えます
ソロモンの罠にはまって、生き埋めになるハジ
血が…!!

小夜とディーヴァ
「私と同じ顔…分かった!小夜姉さま!」
「あなたがジョエルを…お父様を殺した…!」

ジョエルは昔、塔にディーヴァを閉じ込めた張本人
「だーいきらい!殺しちゃった!」
美しく奔放…確かに
リク…!!!大丈夫なんでしょうか…
ディーヴァを外に出したのは小夜
あの百合を取りに行く前に…あの、誕生会の日
小夜がやらなきゃいけないこと…それは
「私はあなたを…殺さなければいけない…!」
「殺す?どうやって?」
「私の……血で!!」

襲い掛かるものの、ディーヴァに敵わず吹き飛ばされる小夜
昔から変わらない小夜をディーヴァは
「大好きで…大嫌い!」
そこへカイとデヴィッド到着!
リクに駆け寄るカイ
デヴィッドはディーヴァに銃を放つも…
「…あーあ、破れちゃった…」
普通の銃なんかでは死ぬはずもなく、服に穴が空いただけ
デヴィッドさんは不味そうらしい
カイに忍び寄るディーヴァ
カイを庇って前に立つ小夜だが、ディーヴァによって弾き飛ばされる
ルイスも不味そうらしいです…ルイスは何も被害なし

穴に落ちた小夜とかくれんぼを楽しむディーヴァ
笑ってるけど、全く目が笑ってない…

「リクが…っリクが冷たくなっていくんだ…っ!!」
カイ錯乱中
リク…!!
小夜はガラスケースを手刀で割り、中の刀を取り出す
少しは逞しくなってきてるんでしょうかね…!
そこへソロモン登場
どこから来たんでしょう…
ディーヴァはやはりアンシェルに連れてきてもらった様子
ソロモンの説得タイム再び
「所詮、僕達は…人間ではないんですから……」
しかし、小夜はリクを傷つけられお怒りです
実の妹よりも周りの人を優先!
「初めて会った時…あなたとなら共に歩めると思っていました…。シュヴァリエとしての僕ではなく、ソロモン・ゴールドスミスとしての本当の気持ちでした…」
告白…!!
でも、残念なことにソロモンはディーヴァのシュヴァリエ
小夜を…殺す!
小夜は前より腕が上がった…?
ソロモンは小夜に手を刺し伸ばすも、刀で切られる
「あっはははは!ソロモン、ふられたぁーー!」
ディーヴァはゴキゲンですねぇ
血が足りなくて倒れる小夜
「姉さまの血は私への毒。私の血は……姉さまの毒…そうでしょ?」
小夜を刺そうと刀が振り下ろされた時…
ハジ登場!!!お約束!
どうやって助けたのかイマイチよく分からなかったのですが…
誤魔化された気が…
「無礼なシュヴァリエ…嫌いじゃないけど」
ディーヴァの嫌いじゃないは信用できませんよ…!!
「帰る。新しいドレスが欲しいの」
「…貴女がそれを望むのでしたら」

これ流行ってるんですか!?
セリフをパクられちゃったよ、ハジ…!!

リク…!
「私の血なら…リクを助けられる…」
ああ…イヤな予感が…っ
「あなたがそれを望むのなら…」
血+の決めセリフに確定?
「やっぱりダメ…カイにはどういうことか分かってないよ…!」
「そうかもしれねぇ…けど、今はそれしかないんだろ!?」
「頼むよ!リクは…たった一人の弟なんだ…リクが死んじまったら、俺は一人ぼっちになっちまう…。もうそんなのイヤなんだよ!頼むよ小夜!リクを助けてくれ!!!」

明らかにこれは失言ですね…
小夜と家族だ、って何度も言ってたのに、これじゃ小夜を家族と思ってないように聞こえます
「私もリクを助けたい…今はそれしかないんだよね…」
口移しで血を飲ませる小夜
「カイ…手を握っててあげて…」
痙攣こない…?
っと思ったらやっぱりきたぁあああ!!!
うぁあああああ!!!
リクーーーーーーー!!!
「ごめんね…リク……」
じゃないよ!
ちゃんとリクが暴れてるとことかもきちんと目を背けずに見ていて欲しかったです…
リクを見るハジの目が切なかったです…
専門の人に見せないと…って、リクだけ隔離…?

アンシェル登場!
顔凄い面白いのですが
援助交際みたいに見えますね、アンシェルとディーヴァ
ソロモン責められる…!?
「小夜姉さま、だーいすき!」

次回
真央が出てくる!ジュリアさんも!
赤い盾のお話
「デヴィッド…僕は君を信じてる」


「この後…あなたなら共にクリックしてくれると思っていました…。」
←来週の真央嬢が楽しみ…!と思った方はクリックお願いします~!
[PR]
by dark-road001 | 2006-03-26 00:11 | アニメ
「あの歌……あの子が…ディーヴァ…?私の…妹?」
近づくソロモンを牽制するハジ
ソロモン祭りの予感…!!

ついに動物園入りしたデヴィッド一行
小夜を手分けして探すことに…
「小夜を連れ戻すために必要な2人だ」
リクとカイもそれなりに評価されつつある…!?

ジョエルとコリンズ
翼手ではなかったものの、関係ないとは言い切れないと言うコリンズ
3年前に先代から引き継いだジョエルという称号
ジョエルにとって、デヴィッドやコリンズは家族のようなもの
「…光栄ですな。ゴルトシュミットの当主に家族とお呼びいただけるとは」
「失われた一族だけどね…」

100人にも満たない赤い盾は皆、翼手によって何かを失っている
「報告にありました宮城リクの件」って…!
リクがマークされてますね…!!

思い切りソロモンを突き刺すハジ
だが、ソロモンの傷は意思とは関係なくすぐに塞がる…
ソロモン格好良い…!!!!
相変わらずいい動きしてますね…!
「信じていただけませんか…?僕の事…」
信じます!!
ソロモンと2人きりで話をするため、小夜はハジを止める
「それが…あなたの望みなら……」
初期のハジらしいセリフ
1人で残るハジの背中に哀愁が漂ってました…捨てられてたように見える

距離を置いて話すソロモンと小夜
スーツに手を通して手を動かしてるとこ可愛い…!!
「無益な戦いを終わらせるために来ました」
得をするのは人間だけ…
動物園では、世界中から集められた動植物を新しいものへと変える実験が行われていた…
それはディーヴァも小夜も同じ
ジョエル・ゴルドシュミットの好奇心を満たすためのもの…
アンシェルに「情でも移ったか?」って言われてたのはそういうことなんですね
強引なカンジのソロモンにときめく…!!
心理戦好きですね~
小夜の母親お目見え…!
翼手なんですね…
小夜は朱の女王…
ハジが手に握る百合の花が切ないです……

リセでのパーティの頃を振り返るソロモン
喜多村さん上手くなっていってますね
小夜の涙を拭うソロモン…!!!

デヴィッドはカイの相談に乗り…
結論:ジョージは全部を受け入れていた
ジョージの名前出したらねぇ…受け入れ態勢になりますよね

「僕と一緒に……」
差し出された手をとろうとした小夜
「小夜…行くな…!」
ハジ、格好良い!
「残念です…」
って言った後、目を閉じて開ける瞬間のソロモンの顔が良い!!
腹黒さ全開…!
「彼と話をつけてきます。しばしのお別れを…」
カールがこのセリフ言っても決まらないのに…!
さすがソロモン

また歌を聴きつけたリク
ディーヴァの塔に向かう…

戦闘シーン、良いカンジ…!
鼻で笑うソロモン
勝負はどっちが勝つのでしょうね…?

ルイスの待ち受けがリラックマかと思ったら
良く見たら全然違いました
現在の時刻は15:00らしいですよ

リク到着
遠近感的にこんなに早く着くなんてビックリです
100エーカーもあって広いのに…
ディーヴァの歌が聴こえたので、向かう小夜
リクにイヤな予感が…!!ひしひしと…
小夜が駆けつけて見た先には…
ディーヴァに血を吸われているリクの姿が…!!
リ、リクーーーーーー!!!
青い目の少女…ディーヴァ…!!

EDがアンシェルじゃなくてエリザベータになってたのがちょっと気になったり

次回
ハジVSソロモン続き
ディーヴァと小夜ご対面!
「いらっしゃい…姉さま…。ウフフフフ」


「光栄ですな。クリックしていただけるとは」
←ソロモンが格好良かった…!と思った方はクリックお願いします!!
[PR]
by dark-road001 | 2006-03-19 00:03 | アニメ

BLOOD+ 第22話「動物園」

「ここが…動物園……」
小夜とハジがついに動物園入り!

全員、なんとか検査を終えて解放されたデヴィッド一行
小夜の行き先は、オリジン…起源
ジョエルの日記でいうところの『動物園』
「小夜の…生まれた場所だ」
ジョエルの日記で結構分厚い…
鍵も一応かけれるようになってるようですね
懐中時計も引継ぎ

過去編~
「ジョエル…この子、誰?」
「ハジだ」

子供ハジ!!三つ編み!
全然、別人ですね…!
このジョエルは初代…ワインで聞いたあの人ですね
「思い出した。ハジと初めて会った時のこと。…この噴水の前だったね」
動物園に来ただけで、こんなにあっさりと思い出せるものなんですか…?
ベトナムの時はちょっとしか思い出せなかったみたいなのに…

ワガママな過去小夜に反抗するハジ
新鮮ですね
「気に食わなきゃ、話しかけるな」
ハジも最初は普通の少年
ジョエルに文句を言う小夜
靴も磨いてくれない、着替えも手伝ってくれない…友達がいないから接し方が分からない
アンシェルの登場!
ジョエルもアンシェルも小夜がこの先どうなるのか分かってる様子
小夜はこの頃から輸血を行っていた
「ねぇ。私、ハジにチェロを教えてやろうかな」
仲良くなるため、ハジにチェロを教えてやる小夜
押し付けがましい態度に、イヤになったハジ
歌と踊りは一通り出来ると睨む
「私の言うことが聞けないのなら、ここを出て、前にいたところに帰るのね」
「……分かったよ。何でもやってやるよ!夜の相手でも、何でも!どうせ俺はっお前らに買われたんだからなっ!」

呆然と見つめる小夜
見てるこっちも呆然なんですけど…
ハジがカガリに見える
「そんな顔で俺を見るな…っ!」
涙を流すハジ
慰め方も、謝り方も分からない小夜は、ハジを抱きしめる
ジョエルがしてくれたように…

ジョエルが好きだという花を摘む小夜
ヤギと戯れるハジは小夜を呼ぶが、ヤギは行ってしまう
動物は小夜を恐れている…?
雨が降り、服を乾かして藁の上に座る2人
小夜はこの髪型のほうが好き…!
「生きてるものはジョエル以外、私の傍に寄って来ないのかと思ってた」
「それは…小夜がワガママ言うからだろ」

可愛いやりとりですね
剣の練習をする小夜
剣を手に、世界を旅するという夢を語る小夜は、ハジも一緒に連れて行くと告げる
すっかり仲良し!

ハジが成長!
口調も見た目もガラッと変わって、写真通りのハジに
小夜は弦で指を切るが、傷はすぐにふさがる
慌てるハジの顔も良いですね
「私がここへ来た時から、小夜の姿は変わっていません。傷が出来てもすぐに…。どうしてですか?」
「小夜が生きるためには血が必要なのだ」

小夜がなぜそうなのかはジョエルにも分からない
ただ、我々がここにあるように、小夜もここにある…それは同じ
ジョエルはもう長くない…?

「私が怖い…?」
ボートの上でハジ問いかける小夜
立ち上がって揺れるボート
「危ない!」
このセリフだけ、ハジじゃなくて小西さんっぽかったように聞こえました
鼓動の速さは同じなのに、どうして時間の流れが違うのか…
ハジの時間を止めたのは小夜だった…
現代の小夜の思い出し方がよく分かりません

「小夜!」
ジャムをつまみ食いする過去小夜を注意するハジ
「お行儀が悪いのと、ジャムの出来は関係ないでしょ」
「そういう言い方、ジョエルに似てきたよ、ハジ」

こんな喋り方のハジも良いですね!
ジョエルの誕生日に贈るものは百合の花
崖の下にあるという百合を取りに行こうとして、当然ながらハジに止められる
「じゃあ、ハジがあの百合を取ってきて」
女王様ー!
呻きながらも降りるハジ
手前じゃなく、奥の百合を頼む小夜…うわあ……
ハジ、落ちる
うわぁあああ
「ハジ!」
あれ…この崖どうなっているんですか?
結構高さありましたよね?
ハジは後頭部を打ったらしく、大量出血
小夜はナイフで自分の血をハジに口移しで飲ませる
目を開けるハジ…!
しかし、異変発生!!
のた打ち回り、叫ぶハジ…!!!
「心臓の音…聞こえない……」
涙を流す小夜…
ハジィイイイイ!!
仮死状態?一回死んで、もう一回生き返った…?
「私、屋敷まで走って行って…それから…それから……」
小夜と再び甦ったハジの前で燃えるのは、前回に岡村と真央が発見したあのお屋敷
ハジの時を止めたのは、小夜
「だから私は…あなたの傍にいることが出来るんです。2人で…長い時を駆け抜けてきました…」
ジョエルの誕生日で何が起こった…?
炎の中で嗤う小夜
ジョエルを殺した…?

「友達になりましょう!」
沖縄で見たあの扉の向こう…?
歌が聞こえる…その主はディーヴァ
「あの子がディーヴァ…私の、妹…」
ソロモン登場!!!
ちゃっかり先回りに成功!!
車を使ったのは正解だった…!
「思い出しましたか?小夜」
笑顔がまぶしい…!

次回
ソロモン、小夜を勧誘
ハジVSソロモン
「小夜、行くな!」

ちょ…っ!次回かなり気になりますよ…!!!

「クリックしましたか?」
←ソロモンとハジの対決が気になる…!!と思った方はクリックお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2006-03-11 23:06 | アニメ
「残っているのは…ここにいる8人だけだ……」
前回、ソロモンによって2人殺されたので、残り8人となったシフ
冷静なモーゼスに、熱いカルマン
「南…」
イレーヌが小夜の気配を辿る
南へと移動するシフたち
月を見上げるギーに、モーゼスは急げと声をかける
「急ぐさ。そうしなければ僕は、次の満月を見つことが出来ないからね…」

アイスランドからアルジャーノが報告の電話をソロモンにかける
コート姿が新鮮です…!
もぬけの空であったものの、遺伝子操作の研究はしていたようです
血が一滴も残っていなかった遺体から、シフではないかという疑いが…
わざわざ来た甲斐があったというアルジャーノに無慈悲な言葉
「調査は打ち切ってください。もう十分です」
「えっ…そんな…!ソロモン?ソロモン!?」

飴を落とすほどの動揺っぷりが面白いです…!!

久しぶりの真央と岡村!
車が動かなくなり、立ち往生の2人
原因は、真央嬢がケチってオンボロの車を買ったから
苛立つ岡村は煙草に手を伸ばすも…
「私の前で煙草吸わないって条件、忘れたの!!?」
おあずけ!残念!
のんびりやろうと言う岡村にキレる真央
岡村が水をもらいに移動した後…空を見上げ涙ぐむ真央はカイの名を呟く…
「こんなとこで何やってんだ、お前?」
ええ!!?カイ!?
と一瞬思ったものの、どう考えてもありえない上に、制服ですよね
カイが頬染めてる…
「俺ならここにいるぜ」
そんな男前なキャラでしたっけ…!?
抱きつこうと飛び出した真央嬢は、そのまま茂みにダイブ!!
幻覚でした~というオチ
後ろからソロモンが車で登場…!真央と初接触!
凄いテクニックを披露するソロモン
この人、本当に何でもありなんですね
「アンシェル兄さん…なぜあんなものを…やはり……」
やはり…何なんですか…!?
ソロモンをどこかで見たようなと悩む真央
思い出した瞬間に岡村がバケツをひっくり返す!意味ない~
ちゃんと思い出したところがさすが!

「小夜、あの村です…」
ついに近くに迫ってきましたね…!
眩暈に崩れる小夜をハジが抱きとめる
「構わないで…」
ちょっとイラっとくるんですけど!
強引に小夜の方を掴むハジ!
「あなたに必要なのは、私の血です…」
しかし、小夜は拒絶する…ハジ残念

シャトーに辿り着いた真央と岡村
この2人のやりとり可愛いです
ワインを飲もうと瓶に苦戦する真央が面白い
真央は結構鋭いですね
『ジョエル・ゴルド・シュミット』…ジョエル…?
「火事くらいで全員死ぬか?ってねぇ」
どうやら、おじいさん曰く、もう一つの噂では…
血を吸い尽くされて火事の前に死んでいた屋敷の人々…
屋敷の焼け跡からは歌が聞こえた
彼女はそこにいた…青い薔薇を持った少女が……
青い薔薇って…カールが持ってたリセのですよね…!
ファントムに攫われた少女…?過去の小夜?それとも…
シフのギーは、小夜とハジを見つめる…

日が暮れても、黙々と歩き続ける小夜とハジ
「少し休んだほうがいい」
抱きとめるハジに顔を赤くする小夜
「気をつけて」
取り囲んだのはシフ!!
「我らはシフ。限りあるもの」
小夜の血が目当てのようです
バトルスタート!!
「この呪われた身体を清めるには、特別な血が必要なんだ…」
イレーヌはそう言ったギーを見ると…
彼の腕が余命が少ないことを告げていた

「小夜、聞いて。あなたは生きなければならない。全てを終わらせるために…」
小夜を隠し、一人シフの元へと向かうハジ
「私一人ではあなたを守りきれないかもしれない。もし、私が戻らない時は…」
ハジ格好良い!
アクションシーンが改善されてるように感じます…!
ハジ強くなってる…!?でも多勢に無勢
貫かれるハジ…!痛そう…!!
「逃げて…小夜…!」
無理ー!
ボロボロになりながらも小夜の元に戻るハジ
ギーVSハジ
木に剣で縫い付けられるハジ…!
顎に手を掛けられてますよ、ハジ!!!!
「君には分からないだろうね?闇の中でしか生きられない…僕達の苦しみなんて。君と僕の違いなど、たった一つのことなのに。僕に足りないのは…特別な血」
血を吸われた…!
「でも、私たちはあなたの血を恐れない」
シフは小夜の血で死んだりはしない、ってことですよね?
「あなたの血こそ、僕たちの希望かもしれないのだから」
「シュヴァリエの血では、烙印を清めることは出来ない…そういうことさ」
カルマンが小夜を襲う…!しかし、日が昇ってきて退くシフ
ハジは剣を無理やり引き抜いて小夜に駆け寄る…!
小夜に自分の血を飲ませる
「ハジ…ごめんね…」
ゴメンで済んだら、こんなことになってないって!!
小夜はどれだけ痛い目にあえば、分かるのでしょうか…

「悲しまないでくれ…遠からず、この日が来ることは分かっていたんだ。この身体は、シュヴァリエの血では浄化されない。そのことが証明出来ただけでも満足だよ…」
「ギー…!」
「ただ…いつか……日の光の、下を…堂々と…歩き、たか…っ」

うわぁあああ!ギーー!!!!
小夜が死に掛けたことよりも、よっぽど悲しいんですけど…!
「せめて最後に…日の光を浴びてくれ…。ギー」
日の光を浴びて死ぬ、ってことは吸血鬼とかそういう方面なんでしょうか?
続く!

次回
やっと動物園
小夜の意思に従います、どこまでも
「ハジ…私、全部思い出したよ」


「でも、私たちはあなたのクリックを恐れない」
←宜しければ、ぽちっとお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2006-03-04 22:02 | アニメ

頭翅様の密かなる楽しみ

この前インストールした
「頭翅様のフラッシュ壁紙」
なのですが、

今回はなんと頭翅(トーマ)様の叶わぬ思いを隠し要素に盛り込みました。

と書かれてて、何のことだろう…?
と思っていたんですが、つい今しがた発覚しました!(遅

あるところを何となくクリックした瞬間…
頭翅様の叶わぬ思いを見ました!
何コレ…!!
頭翅様、頬を染めてるのですが!
ちょ!まっ!これ…やばいって!!
か わ い す ぎ る
身体中の血が沸騰しましたよ!
色合いがリーナの落描きっぽい
アポロニアス…ご愁傷様
頭翅様、本当に楽しそう…
1万2千年前に行きたい…!アトランディアへ!

そういえば、公式では頭翅様は攻めらしいですよ
琴野は逆だと思ってたんですけどね
この隠し要素で、あー…そういうことか
と思いました
だって、あんなに楽しそうなんですもの。頭翅様
あの人実は精神的MでSなんじゃなかろうか
そしたら、マク(マクシミリアン/四龍島)と一緒だね!
どうなのソレ…orz

見る度に萌え…!


←1万2千年前から愛してる!と思った方はクリック!
[PR]
by dark-road001 | 2006-03-02 12:29 | アニメ
ジェイムズ、ネイサン、ソロモンが一同集結!
今回は前回よりも面白い…!

アルジャーノ久しぶりに飴と共に登場!
待ってました!!
アルジャーノとよく一緒にいる人と行動する様子
飴差し出しておいておあずけ…!!!
大西洋にでも沈めちゃおうかとマウスたちを見ていると…
シフ潜入!
「な、何だ…!?」
また状況に置いてけぼりですか…
襲ってきた翼手を倒し、血を吸った後、ガラスを割って退却!

小夜を探すのかと思ったら、ヘリを使い移動
海上に見えたのは…
「赤い盾本部だ」
で、着いた途端に隔離される一行
そこでジョエル長官からリーザについて聞かされる
デヴィッドまだ知らなかったんですか…
赤い盾のナンバー2も登場
「デヴィッド…残念だよ…君を疑わなくてはならないとはねぇ…」
全く残念とは思ってないだろ…!

小夜とハジと豚たち
豚たちの動きが一定に揃ってて妙なんですが…!
「運転手からいただいたものですが…」
小夜は首を横に振る
珍しい…!!
「分かってる…分かってるってば!だから行くんじゃない動物園へ!」
ハジに当たってもねぇ…
「私はひとりでいい…」
ハジ、捨てられる…!?

アンシェル以外の3人が集まり、アンシェルは遅れてくるようです
アンシェルとネイサンはまだディーヴァと会っていない
「それじゃあディーヴァは…目覚めの血をまだ口にしていないのね…」
ディーヴァの黒髪に触れた途端、葉は枯れる…

カイとデヴィッド
「小夜の全てが知りたいか?」
小夜の正体が何であれ、家族の一員と断言するカイ
そのために翼手と戦う覚悟はあるのかとデヴィッドは問う
「ああ」
カイの決意は固まっているようで
デヴィッドはあっさりとジョエルの日記について話し出す
翼手と戦い続ける者だけが見れる記録
「俺にその日記ってのを見せろ」

ネイサンはハジに興味があるようです
「気にならないの?ディーヴァの花婿なのよ?彼は…」
ディーヴァの花婿がハジで…
「小夜にも興味がないのかしら?彼女は私たちの花嫁よ…そうよね?ソロモン」
「ええ…」

他のシュヴァリエの花嫁が小夜
小夜の血はシュヴァリエを殺す脅威ともなる
「けれど、私たちと彼女とは元を正せば同じ種族同志…分かりあえるはずです。…だが、その断り崩したのは…」
「赤い盾だ」

アンシェル登場!
ディーヴァの黒髪を撫でるアンシェル…まだリーザの姿のまま……

ジョエルの日記を見たカイ
「それでもお前は小夜を家族と呼べるか!?」
「どうしたの…?」

リクにデヴィッドは
「別に…何でもない」
何でもあるのがバレバレな返事

アンシェル=大胆
ハジ=子犬
動物園…そこは始まりの場所であり、終わりとなる…
ハジを捕獲し、障害となる小夜を殺す
「分かりました…兄さんの言葉は、僕の意思でもあります」
ソロモンはあまり乗り気ではない様子
「兄さん…僕は……」
ソロモンの裏切りとか今後あるのでしょうか
1人になったソロモンを背後からシフが襲う!
ソロモン強い!!!
格好良い!!!!
動きが良いですね、今回!
腕を1本飛ばされたソロモンは目を赤く光らせる…
「これなら…遠慮はいりませんねぇ…」
さようならシフの2人組…
飴を食べるアルジャーノは何があったと聞かれても首を捻る
「さぁねぇ…僕も聞きたいくらいだよ」
関与せずの態勢ですか…

切られた腕も元に戻ったソロモン
「兄さん…僕は小夜に会いに行きます」
ソロモンの出番が増えた!
眠る小夜の頭を撫でる子犬…じゃなかったハジ
動物園で捕まりそうな予感でいっぱいです

次回
小夜とハジ、シフの襲撃にあう
生きること、それを得るために
「小夜、お前は僕たちが殺す」


「これなら…遠慮はいりませんねぇ…」
←久しぶりのアルジャーノ&飴!ソロモンが良かった!と思った方はクリックお願いします!
[PR]
by dark-road001 | 2006-02-25 23:04 | アニメ